花粉症の季節…マスク映えを狙うなら「まつげ育毛剤」 | 医療脱毛・ワキガ治療ならミセルクリニック【公式】

コラム

COLUMN

美容コラム

花粉症の季節…マスク映えを狙うなら「まつげ育毛剤」

花粉症の季節…マスク映えを狙うなら「まつげ育毛剤」

春は新しい季節の幕開けとして、ウキウキするシーズンです。
しかし、スギやヒノキなどの様々な花粉が飛ぶ時期でもあり、花粉症を患っている方にとってはブルーな季節かもしれません。

 

花粉症はアレルギーの一種であるため、まずはアレルギーを引き起こす原因である花粉から身を守ることが重要です。
特に日常的にできる予防策としては、マスクの着用が有用ではないでしょうか。

いつもはしていないマスクを着用する機会が増えてしまうと、ファッションを楽しめないと感じる場面も多くなることでしょう。

 

今回は、マスクを着用していても可愛く見える、マスク映えにおすすめの「まつげ育毛剤についてのご紹介です。
目元だけでも行えるポイントメイクについても記載しているので、ファッションやメイクに興味がある方は、ぜひご覧ください。

 

 

 

マスク着用の必要性

花粉症の季節…マスク映えを狙うなら「まつげ育毛剤」

春は季節の変わり目であり、生活が変化するストレスなどで風邪などの体調不良になることが多い時期です。
さらには、スギやヒノキといった花粉症の症状を予防するために、マスクを手放せないという方も多いでしょう。

 

マスク着用の効果に疑いを持ってしまい、着用をしないという判断をしてしまうかもしれませんが、それはおすすめできません。

風邪で体力がなくなっている時には、外部からの刺激を受けやすくなるため、マスクを着用することでこれらの刺激から身を守っています。
保湿効果によって、喉や鼻が一定に加湿されているために、細菌やウイルスなどが体内に侵入しにくい状況にもなります。
そもそも、咳がある時には、エチケットとしてマスクの着用が必要かもしれません。

 

花粉症は、アレルギーの一種であるため、基本的にアレルギーを引き起こす物質に触れないことが重要ですが、そうは言っても、外出をしないわけにはいきません。
そんな時に気軽にできるのが、マスクの着用です。
突然のくしゃみや鼻水などの症状を抑えられることはもちろんですが、アレルギーの悪化を予防するためにも、外出時にはしっかりとマスクを着用するようにしましょう。

 

 

マスクでも映えるポイントは豊かなまつ毛

花粉症の季節…マスク映えを狙うなら「まつげ育毛剤」

咳や鼻水が出ている時には、エチケットとしてもマスクを着用することがありますが、マスクの着用で気になるのが自分らしさを表現できないことではないでしょうか。
特に、普段からメイクやファッションが好きな方は、マスクの着用で表現手段が限られてしまうことにストレスを感じているかもしれません。

 

マスクでお顔の半分以上が隠れてしまっている時には、いつもとは少し違うメイクが必要です。
頬や口元が隠れてしまっているため、他人から見た時には、目の周辺から受ける印象が大半です。
マスクを着用している時のメイク方法に悩んでいる方は、ぜひ次の内容を参考にしてください。

 

マスク映えするメイクとは?

ギャルっぽいメイクやド派手なメイクだと、マスクをしているとちぐはぐな印象を与えかねません。
花粉症で涙や乾燥肌が気になる時には、清楚な雰囲気のナチュラルメイクがおすすめです。

ポイントとなるアイメイクでは、目元がくっきりしているのが良いでしょう。
あまりにもナチュラルすぎるメイクでは、ぼんやりとした病人のような印象を与えてしまいます。

ここからは、各部位で清楚な雰囲気になるメイクのポイントについてご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

眉毛はパウダー仕上げでふんわり!

眉毛が薄すぎると不健康な印象を与えがちになるため、たとえ予防でマスク着用していたとしても、体調が悪いと心配されてしまいがちです。
メイクをする時間を短くしたい時でも、眉毛だけは少しでも手を加えておいた方が良いでしょう。

眉毛の長さが短くて薄いという方は、パウダーを使う前に髪の毛や目の色に合ったペンシルで輪郭を書いておくと良いでしょう。
自然な色のナチュラルパウダーで仕上げれば、ふんわりとした理想的な眉毛を手に入れられるはずです。

アイラインはウォータープルーフを使おう!

マスクを着用していると、普段よりもさらに目元に視線が集まりがちです。
そのため、いつもよりも少し控えめにアイラインを入れるようにしましょう。
リキッドで極細タイプを使って、まつげとまつげの間を埋めるようにして書いてみましょう。
花粉症の方は、目薬を使う機会も多いことでしょう。
その時には、涙や目薬でも滲まないようなウォータープルーフタイプがおすすめです。

アイシャドウはブラウン系でナチュラルに!

アイシャドウは、ブラウン系やベージュなどの色味を選ぶことでナチュラルな雰囲気に仕上げられます。
オレンジやピンクなどのほんのりとした色合いを少し加えると、さらに柔らかな雰囲気を演出できることでしょう。
濃い色を乗せてしまうと、マスクの白い色と合わなくなるので注意しましょう。
花粉症で肌がカサツキがちな時には、クリームタイプのシャドウを使うのもおすすめです。

マスカラはロングタイプがおすすめ!

ボリュームアップタイプも良いですが、清楚な雰囲気に仕上げたい時には、ロングタイプのマスカラがおすすめです。
マスカラをする前には、ビューラーを使ってしっかりとまつげの根元を持ち上げてみましょう。
その後マスカラを塗ると、一回だけでも印象深いまつ毛に仕上がります。
下まつげはマスクに触れる機会が多いため、塗らない方が良いでしょう。
涙で滲むことが多いので、ウォータープルーフタイプならさらに安心です。

 

 

厚生労働省承認のまつげ育毛剤「グラッシュビスタ」

ビューラーで持ち上げるほどのまつ毛がない方や、化粧をせずにマスク映えをしたいという方は、まつ毛専用の育毛剤「グラッシュビスタ」の利用がおすすめです。

グラッシュビスタは、厚生労働省から正式に製造販売承認を受けており、日本人の臨床試験でも治療効果が認められています。

 

「花粉症などの影響で化粧をしにくい時」「丁寧なメイクをするのがブルーな時期」「まつ毛エクステの費用が気になる時」など、まつ毛に関して様々な悩みがある方に向いています。

少しでもご興味がある方は、まずはお気軽に無料カウンセリングをご利用ください。

 

★無料カウンセリング予約はこちら

ページの先頭へ戻る

  • 無料カウンセリング予約へ
  • 電話予約
  • ページの先頭へ戻る