「頭蓋骨痩せ」がシワ・たるみの原因に? | 医療脱毛・ワキガ治療ならミセルクリニック【公式】

コラム

COLUMN

美容コラム

「頭蓋骨痩せ」がシワ・たるみの原因に?

「頭蓋骨痩せ」がシワ・たるみの原因に?

「頭蓋骨痩せ」という言葉を聞いたことはありますか。 加齢によって筋力が痩せるのと同じように、実は頭蓋骨自体も痩せる可能性があるのです。 頭蓋骨が痩せてしまった結果、美容にとって良くない結果が起こるかもしれません。

 

今回は、美容が気になる方にとって注目したいシワ・たるみの原因についての特集です。 特に、「知らない間にシワが深くなった」、「加齢によって皮膚にたるみが出てきた」、と感じている方は、心当たりがある内容が記載されているはずです。 隙間時間でも読みやすい内容になっているので、ぜひご覧ください。

 

 

骨が縮むとは?

「頭蓋骨痩せ」がシワ・たるみの原因に?

骨粗しょう症という病気についてはご存じでしょうか。 これは、年を重ねるにつれて骨の内部にある成分が血液中へ流れ出しやすくなるため、骨がスポンジのようにスカスカになることで骨折する危険性が高くなる病気です。

 

健康診断で骨密度(骨の中にある成分)が少ないと指摘された時には、検査で調べた部分だけではなく、もしかすると体全体の骨に影響が及んでいるのかもしれません。

 

骨密度の検査をするのが面倒だという方で、現在顔にシワ・たるみがあるという方は、加齢やストレス、過労、暴飲暴食などの影響で女性ホルモンのバランスが乱れていないかを一度考えてみましょう。

 

骨の強さに関係する女性ホルモンとは

女性ホルモンと呼ばれるエストロゲンは、女性らしさを作るホルモンとして知られています。 エストロゲンのピークは25~30歳で、ピークを迎えた後には、40代半ば~50代半ばの閉経へ向かって少しずつ減っていきます。

 

エストロゲンは、骨からカルシウムが溶け出すのを防ぐ働きがある(骨吸収)のですが、加齢によってエストロゲンが減少するにつれて骨の成分が血液中に移動しやすくなります。

 

米国で行われた研究によると、骨密度を主に測定している場所である腰椎に関しては61歳以上で減少し始めるのが、顔の骨密度に関しては40代の中高年層で既に減少していたとのことです。

 

骨密度の減少は自覚症状が出にくいため、普段の生活ではなかなか気付けません。 もし顔の骨がスカスカになると、どのような状態になってしまうのでしょうか。 次の項目で詳しく見ていきましょう。

 

美しい顔のポイント

「頭蓋骨痩せ」がシワ・たるみの原因に?

ところで、美しい顔とはどのようなものをいうのでしょうか。 男女差や各年代によっても顔の好みに関してはそれぞれ異なりますが、どの世代であっても、シワ・たるみがあると老けて見えると感じるのではないでしょうか。

 

顔の骨がスカスカになると、少しずつ骨格に変化が起こってきます。 側頭部・前頭部・上顎は凹んでいき、眼窩・梨状口は拡大、顎は突起が減っていくなどの変化が起こってしまうため、顔の骨が全体的に小さくて薄くなり、こめかみや顎は凹みが出てきます。 そうなると、老け顔への第一歩です。

 

骨密度が低下すると顔が老ける?

土台となる顔の骨にこれほどまでに大きな変化が起こっていると、顔の表面はどのようになっているのでしょうか。 あまり良くない影響が起こりそうだと考えた方は、正解です。 様々な場所で老け顔の印象を与える変化が起こってしまいます。 それぞれのポイントについてまとめてみたので確認してみましょう。

 

まぶたが下がる

まぶたが下がると目に元気がない印象になり、たるみやシワが目立ちやすくなります。 外見上、疲れて見えるために、実年齢以上の年齢に見られてしまうこともあります。

 

頬が垂れる

頬が垂れて下がると顔にハリがなくなってしまい、肌の衰えを感じやすくなります。 肌の弾力性を感じなくなるため、若々しさがなくなってしまいます。 心からの笑顔でも、作った苦笑いのような印象を与えてしまうかもしれません。

 

ほうれい線ができる

顔のなかでも加齢を感じてしまうのがほうれい線の部分です。 ファンデーションが綺麗に塗れなくなるなどの経験がある方は、ほうれい線がくっきりとした形になってしまっているかもしれません。

 

マリオネットラインができる

口の左右に小さくできるほうれい線とは別にある小さなシワをマリオネットラインと呼びます。 ストレスを感じた時に、口を強く噛みしめてしまう癖がある方にもできやすいシワです。

 

フェイスラインがたるむ

こめかみや目の周辺にある骨が凹んでしまうことで、余った皮膚が下にたるみとしてできてしまいます。 二重顎ができてしまった時や、なんとなく輪郭がぼやけていると感じている時には、フェイスラインのたるみが原因になっている可能性があります。

 

このように、顔の骨でも上部にある部分のボリュームが減少してしまうと、全体的に肌が垂れ下がってしまってたるみやシワなどが生じることで、年齢を感じやすくなってしまうのです。

 

ヒアルロン酸でシワや溝にアプローチ

「頭蓋骨痩せ」がシワ・たるみの原因に?

それでは、たるみやシワが実際に起こっている時には、実際にどのような治療を行えば良いのでしょうか。

 

前述したように、顔の上にある部分のボリュームが不足していることで、全体的に皮膚がたるんでしまってシワができやすくなっています。 そのため、ほうれい線などのシワがある部分にだけ施術を行うのではなく、顔全体のボリュームをバランスよく出すことが、アンチエイジング効果を実感するために必要です。

 

ミセルクリニックでは、お肌のたるみやシワが気になる方のために、ヒアルロン酸注射でお肌のボリュームをアップする施術を行っています。

 

ヒアルロン酸注射とは?

加齢につれて減少していく肌成分であるヒアルロン酸は、従来よく使用されていたコラーゲンとは異なり、非タンパク質の成分であるために、アレルギー反応が起こる可能性が低くなっています。 施術後数日間は注入部位の膨らみが気になることがありますが、1週間程度経過すれば自然と落ち着いていきます。 治療効果は半年~1年程度です。

 

たるみやシワのある部分にだけヒアルロン酸注射をしてしまうと、違和感のある顔立ちになることがあります。 肌の悩みを改善しながらも自然な印象になるように、顔全体のバランスを見ながらヒアルロン酸注射を行うことが重要です。

 

加齢によるたるみ・シワが気になっている方は、あなたの理想とする肌を、この機会に手に入れてみてはいかがでしょうか。

 

まずは無料カウンセリングで現在のお肌の状態を確認させてください。 持病や服用中の薬がある方や、何らかのアレルギーを持っている方は、事前に医師や看護師まで相談してください。

 

無料カウンセリングはこちら

 

ページの先頭へ戻る

  • 無料カウンセリング予約へ
  • 電話予約
  • ページの先頭へ戻る