コラム

COLUMN

ワキガ・脇汗コラム

子どものワキガ!ミラドライ施術後の再発はある?

子どものワキガ!ミラドライ施術後の再発はある?

<子供のワキガ治療でミラドライなどをご検討されている方必見>

 

もしもワキガになってしまったら、どうやって治そうかと心配になることもあるでしょう。

とくに未成年の場合は治療法だけでなく様々な不安もあるでしょう。

 

今回は、子どものワキガについて気になる情報を紹介します。

「子どものワキガが起こる原因」、「何歳からワキガが起こるのか」など気になる情報をまとめていますので、チェックしてみてください。

子どものワキガに使えるミラドライという施術についての情報もあります。

「メスを使った手術以外の対策方法」、「未成年がミラドライを受けるときの注意点」について知りたいときには、ぜひ参考にしてください。

 

 

子どものワキガが起こる原因はなに?

子どものワキガ!ミラドライ施術後の再発はある?

ワキガの原因には、「汗腺」が関係しています。

これは大人も子どもも同じです。

 

汗を出す働きがある汗腺には、「エクリン腺」と「アポクリン腺」という2種類があります。

エクリン腺は全身にある汗腺で、サラッとした無味無臭の汗を出しており主に体温調節の役割があります。

一方アポクリン腺は、ワキや股間などに集中している汗腺です。

タンパク質や脂質などの成分が含まれた汗を出しており主にフェロモンを出しています。

 

ワキガの原因になるのは、「アポクリン腺」です。

アポクリン腺が出した汗に含まれているタンパク質や脂質を、皮膚にいる常在菌が分解してツーンとした特有のニオイを出します。

 

ワキガは何歳から起こるの?

子どものワキガ!ミラドライ施術後の再発はある?

ワキガの原因となる「アポクリン腺」の働きは男性ホルモンによって活発になります。

男性にのみあると思われがちな男性ホルモンですが、女性の場合でも男性ホルモンの働きはあります。

 

男女どちらも、男性ホルモンは思春期といわれる第二次性徴期から20代にかけて増加していきます。

そうなると男性ホルモンの影響でアポクリン腺の働きも活発となり、結果的にワキガの症状が起こってしまうのです。

 

また、ワキガの症状が出始めたあとは、20代にかけて少しずつ症状が悪化していると感じる場合もあります。

第二次性徴期に入ってからワキガの症状が気になり始めたときには、専門的な施術ができるクリニックに相談するのがよいでしょう。

 

メスを使った手術以外の対策方法

子どものワキガ!ミラドライ施術後の再発はある?

子どものワキガ対策として、メスが必要な手術はダウンタイムや傷跡が気になり、抵抗があるという方も多いでしょう。

ここでは、メスを使った手術以外にできる対策方法について紹介します。

 

ボトックス注射

ボトックス注射は、ワキに薬を注射することにより汗腺の働きを抑えるという施術です。

薬剤によって汗が出る量を減らし、ワキガの臭いを減らします。

 

施術後数日~2週間程度で効果を実感しやすく、効果は3ヶ月程度かけてゆっくり消えていきます。

薬の効果を感じなくなったときには、繰り返しの施術が必要です。

 

ミラドライ

医療機器であるミラドライは、マイクロ波を患部に照射することで汗腺を破壊します。

マイクロ波は、汗腺にだけ反応するため周囲の細胞を壊すことはありません。

ミラドライは、ボトックス注射とは異なり一度の施術だけでも再発しにくく、長期的な効果を実感しやすい方法です。

 

メスを使わない手術のため、日帰りで施術がおこなえます。

従来のメスを使った手術に比べると体に負担が少ない方法で、ダウンタイムは少なく施術後はいつも通りの生活を過ごせます。

(※患部の状態が落ち着くまで、激しい運動を数日控える必要はあります)

 

子供のワキガ治療でミラドライをされる方も増えてきています。

 

未成年がミラドライを受けるときの注意点

子どものワキガ!ミラドライ施術後の再発はある?

子供、未成年であっても、ワキガ治療でミラドライの施術を受けられます。

ただし第二次性徴期を迎える前に施術をした場合は、新たな汗腺が成長することで、症状が再度起こることもあります。

 

ミラドライ施術前には、痛みを感じにくいように必ず麻酔を使用します。

麻酔についてアレルギーなどがあるときには、事前にご相談ください。

 

また当院では、未成年の患者さまだけでは施術に関する契約がおこなえないため、カウンセリング当日には保護者と一緒にご来院いただくか「親権者同意書」の持参をお願いしております。

 

まとめ

子どものワキガ!ミラドライ施術後の再発はある?

子どものワキガは、とくに「アポクリン腺」という汗腺が原因で起こります。

アポクリン腺の働きは、男性ホルモンの影響を受けるため第二次性徴期を迎える思春期から成人になる頃にかけて活発になっていきます。

そのため、体が成長するにつれてワキガのニオイはより気になることもあるかもしれません。

 

子どものワキガには、メスを使った手術以外の方法がオススメです。

当院では、子どものワキガに対して「ボトックス注射」と「ミラドライ」という方法で対応しています。

とくにワキガに関して強いコンプレックスがあるときや、ボトックス注射のように繰り返しの施術が面倒に感じるときには、「ミラドライ」という施術がオススメです。

 

「ミラドライ」では汗腺のみをターゲットとしているため、他の細胞を傷つける心配はありません。

また、メスを使わない方法のため施術部位に傷跡が残りにくく、ダウンタイムも少ないのですぐに日常生活に戻れます。

 

子どものワキガが気になっているときには、ぜひ当院の無料カウンセリングをご利用ください。

医師が実際の症状を確認したうえで、オススメの施術方法をご提案いたします。

 

 

無料カウンセリング予約はこちら

 

ページの先頭へ戻る

  • 無料カウンセリング予約へ
  • 電話予約
  • ページの先頭へ戻る