コラム

COLUMN

脱毛コラム

最近話題の”介護脱毛”って?

脱毛を必要としているのは、若い女性だけのものではありません。最近では、中高年の男女にも脱毛ブームが広がりつつあります。

超高齢社会である日本で自分の両親を介護している方は、毎日の排泄介助を負担に感じているのではないでしょうか?
紙おむつを使用している場合は、おむつ拭きを使用して便を拭き取る必要があるのですが、その時に不衛生に感じるのがアンダーヘアです。
今回は、最近話題の介護脱毛についての特集です。

 

 

アンダーヘア脱毛と介護脱毛の違いとは?

近年、介護脱毛という用語が広まりつつあります。ここでは、以前から行っていたアンダーヘア脱毛と介護脱毛との違いについてご説明します。

 

アンダーヘア脱毛とは

アンダーへア脱毛(VIO脱毛)を行うのが一般的な海外では、ハイジニーナ脱毛と言って、生まれたばかりの赤ん坊のように無毛の状態や、ビキニラインからはみ出ない程度に整えたりするのが人気です。

しかし日本の場合はどちらかといえばデザイン性に優れ、お手入れの整った有毛の状態にするのが一般的です。
アンダーヘア脱毛は、美容やファッションが気になる20代~30代に人気の脱毛方法です。

 

介護脱毛とは

介護脱毛は、アンダーヘア脱毛と内容は同じですが、主に「介護を衛生的に受けられるように事前に準備する」脱毛方法です。

一般的にはVIO脱毛(アンダーヘア脱毛)のことをそう呼ぶことが多いのですが、デザインやファッション性が主な目的ではないので、VIOを完全に無毛の状態にして、排泄物がムダ毛に絡みつくことで起こる不衛生な状態をなくすことが優先されます。
将来の介護問題が気になる40代~50代に広まりつつある脱毛方法です。

 

 

介護脱毛のメリットとは

介護脱毛をするとどのような良いことがあるのでしょうか。

 

体を清める時に余計な手間がかからない

何より大きなメリットがこれです。ムダ毛があると排泄物を拭き取る時に汚れが残りやすくなります。ムダ毛の一本一本に絡まった排泄物を丁寧に除去するのは大変です。もし排泄物が残ったままで放置してしまうと、かぶれやただれ、あせもなどの皮膚トラブルの原因となってしまい、ひどい場合には感染症になる可能性があります。

 

体に負担がかかりにくくなる

ムダ毛があると、肌に刺激を与えやすくなるため着替えの時などに痛みを感じることがあります。ボタンや服の繊維にムダ毛が絡まってしまった時にはさらに痛みを感じてしまいます。
介護脱毛をすると、ニオイや蒸れなどの気になる不快感も軽減されるため、毎週の入浴回数が決まっている時などは特に快適に過ごせるようになります。

 

 

介護脱毛のデメリットとは

介護脱毛のデメリットは何かあるのでしょうか。

 

施術時に痛みを感じやすい

主にVIOを中心とした介護脱毛は、敏感な部分に施術を行うため、痛みを感じやすくなります。
痛みが穏やかな光脱毛を利用したエステ脱毛でも行えますが、医療脱毛に比べると照射エネルギーが弱いため、完成までの回数が多くなりがちです。
デリケートな部分の脱毛でもあるので、可能であれば医師や看護師などの専門家が常駐しているクリニックでの利用をおすすめします。クリニックは医療施設のため、万が一何らかのトラブルが起こった時の対応もその場で行えるので、特に初めて脱毛を行う方は安心です。

 

⇒初めての脱毛で不安な方は、医療従事者がいて安心できる医療施設(クリニック)がおすすめです。

 

時間と費用が必要

脱毛は、毛周期に合わせた施術を必要としているため、1~2ヶ月という期間で定期的に施術を行う必要があります。
すべすべの肌を手に入れるためには、1年以上の時間が必要になるので、時間に余裕のある時に事前に行うことをおすすめします。
一回の照射では全ての毛に対して減毛の効果を実感することはなかなか難しく、複数回の照射が必要になるので、ある程度の時間とまとまった費用が必要となることも注意しましょう。

 

⇒介護脱毛は、時間と費用に余裕がある時に行いましょう。(※お得なキャンペーンや医療用ローンを利用できる店舗もあります。詳しくは各クリニックのキャンペーンページをご覧ください)

 

アンダーヘアのデザインは事前に考えておく

介護脱毛では、完全に無毛にする場合以外にもアンダーヘアを一部残すこともできます。衛生面や介助面を考慮するのであれば、完全に無毛にすることをおすすめしますが、特に老後も温泉などを楽しみたい方の場合は、アンダーヘアをナチュラルに仕上げるのも良いでしょう。

 

⇒事前に完成デザインのイメージを考えておくと、カウンセリングや施術がスムーズに行なえます。

 

効果が出にくいことがある

少しずつ白髪交じりの方も増えてくるのが、介護脱毛を気にしている40代~50代です。エステで行う美容脱毛もクリニックで行う医療脱毛も、どちらも黒色メラニン色素をターゲットとして行うため、アンダーヘアに白髪があると脱毛効果が弱くなってしまいます。
エステ脱毛は医療脱毛に比べて弱いエネルギーパワーで照射をするため、つるつるにするまでには照射回数が多くなり、完了までの時間が長くなります。

 

⇒黒いムダ毛が生えているうちに脱毛をしっかり完了させたいのであれば、医療脱毛をおすすめします。

 

 

介護脱毛をするなら、ミセルクリニックの医療脱毛がおすすめです

ミセルクリニックでは完全個室完備で対応していますので、人の目が気になるVIO脱毛も安心してお受けいただけます。
20代をピークとして肌が少しずつ弱くなっている40代~50代の方でも肌に優しい施術が受けられるように、施術前後のお手入れ方法についてもアドバイスを行っています。
医師による診察後に使用する脱毛機種をクリニック側で選択していますので、肌の弱い強いなど、個人差の大きいお肌に対してオーダーメイドな脱毛を受けることができます。

VIO脱毛を始めとした全身の部位に対してお得なコース価格を提供しているので、最後まで満足できる施術ができると好評です。
アンダーヘアのデザインにこだわりのある方や、その他のお悩みがある方は、ぜひ無料カウンセリングでお気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る

  • 無料カウンセリング予約へ
  • 電話予約
  • ページの先頭へ戻る