色素沈着でも医療脱毛はできるの? - 医療脱毛・ワキガ治療ならミセルクリニック【公式】

コラム

COLUMN

脱毛コラム

色素沈着でも医療脱毛はできるの?

医療脱毛

自己処理を続けていると、肌に色素が沈着して黒くなることがあります。 特にVIOやワキ、乳輪などの敏感な場所は、色素沈着が起こりやすい場所です。 一般的な医療脱毛では、日焼けや黒ずみなどの色素が濃くなっている部位やお肌は、医療脱毛はできないと言われることもあります。 しかし、最新の機種では黒ずみがある部分でも、脱毛が行える可能性があるのです。

 

今回は、VIOやワキなどに気になる色素沈着がある場合の医療脱毛方法についてご紹介します。

 

 

医療脱毛の仕組み

色素沈着でも医療脱毛はできるの?

医療脱毛で使われる医療機器にはさまざまなものがありますが、スキントーンや毛の細さによってそれぞれ使用できるレーザーの種類は異なります。 ここからは、主に4つのレーザーについての違いをご紹介します。

 

アレキサンドライトレーザー

代表機種:ジェントルシリーズなど

 

メリット:  ・脱毛効果を実感しやすい  

       ・美肌効果も得られる

 

デメリット: ・日焼けや黒ずみのある肌には使えない  

                      ・産毛などのメラニン色素の少ないムダ毛には効果が実感しづらい

 

 

医療脱毛で最も使用されている代表的なレーザーです。 最もメラニン色素に対して反応しやすいので、脱毛効果を実感しやすくなります。 また、脱毛施術を開始する以前より、アザやシミに対しての治療機器として使用されてきたという歴史がある機種のため、脱毛施術をすると同時に美肌効果も期待できます。

 

しかし、日焼けなどでスキントーンが暗くなっている時には、黒い毛に対しての効果が低くなりがちで肌トラブルが起こりやすくなるため、使用できません。 また、産毛などのメラニン色素が薄い毛に対しては、効果を実感しにくくなります。

 

ヤグレーザー

代表機種:ジェネシス、エリートなど

 

メリット:  ・根深いムダ毛に効果的  

                      ・日焼けした肌にも使える

 

デメリット:  ・強い痛みを感じやすい

 

アレキサンドライトレーザーに比べて、レーザーの波長が長く、肌の奥まで熱エネルギーが届くために根深いムダ毛に対しても効果を示します。 そのため、VIOやワキなどの密集したムダ毛に対しても効果的です。

 

ヤグレーザーはアレキサンドライトレーザーよりもメラニン色素に反応しにくくなっているため、黒く日焼けしている肌にも問題なく使用できます。 その反面、肌の奥深くにまでエネルギーが到達するために強い痛みを感じやすくなります。

 

ダイオードレーザー(ワンショット式・単発式)

代表機種:ライトシェアデュエット、ベクタスなど

 

メリット:  ・脱毛効果をとても実感しやすい

 

デメリット:  ・美肌効果はない

 

ワンショット式(単発式)のダイオードレーザーの特徴は、とにかく脱毛効果を早く実感しやすいということです。 レーザーがピンポイントで集中して照射されるために、他のレーザーに比べると高出力です。

 

理論的にはレーザーを高出力で照射することで火傷などの肌トラブルが起こりやすくなりますが、レーザー照射に合わせて冷却機能を備えている機種や、アタッチメントを取り付けるなどでレーザーのパワーを調節できるようになっている機種など、肌に対する負担を軽減するためのシステムが搭載されており、肌荒れが起こりにくいように設定されていることがほとんどです。 また、脱毛施術に特化しているため、美肌効果はありません。

 

ダイオードレーザー(蓄熱式)

代表機種:メディオスター、ソプラノなど

 

メリット:  ・バルジ領域がターゲット  

                      ・痛みがほとんどない  

                      ・産毛にも効果がある  

                      ・日焼けしている肌にも使用できる  

                      ・毛周期が無関係

 

デメリット:  ・効果が実感するのが緩やか

 

その他のレーザーとは異なり、メラニン色素ではなくバルジ領域をターゲットとしています。 メラニン色素をターゲットにしてしまうと、皮膚の奥深くにある毛根部分にまでレーザーを届かせなければならないため、痛みを強く感じやすくなります。

 

しかし、毛根よりも浅い場所にあるバルジ領域と呼ばれる場所をターゲットとすると、弱い熱エネルギーでも十分脱毛効果を得られるようになるのです。 そのため、医療脱毛でデメリットになりやすい痛みについてはほとんど感じることはありません。

 

産毛などのメラニン色素の薄いムダ毛や、日焼けしている肌にも問題なくレーザー照射を行うことができるので、部位によって肌質が異なるという方の全身脱毛にも向いています。

 

毛根をターゲットにしている他の機種では、毛周期に合わせた施術が必要になりますが、それも不要です。 ただし、弱い出力でじっくりと複数回のレーザーを照射していく性質上、その他のレーザーに比べると、脱毛効果を実感するまでに時間がかかります。

 

敏感な場所のお手入れ

色素沈着でも医療脱毛はできるの?

ワキなどの自己処理を繰り返した場所や、VIOなどの衣服が擦れやすい部位は、色素沈着が起こりやすく黒ずみに悩まされやすい場所です。 一般的なレーザーを搭載している機種では、メラニン色素をターゲットとしているために、黒ずみがある部位には施術が行えないか、強い痛みを感じてしまったり、火傷などの肌トラブルが起こったりする危険性があります。

 

しかし、蓄熱式のレーザーを搭載している機種では、色素沈着や日焼けをしている部位にも使用できます。 お手入れを一生懸命していても、気付かない間にできてしまった黒ずみ肌に悩んでいる方は、蓄熱式のレーザー脱毛器がある店舗であれば医療脱毛が行えるのでご安心してください。

 

蓄熱式脱毛器があるミセルクリニック

ミセルクリニックでは、それぞれの肌質に合わせて脱毛施術が行えるように幅広い機種を準備しています。 もちろん、蓄熱式の脱毛器に関してもご用意していますので、VIO、乳輪、ワキなどの色素沈着が起こりやすい敏感な部分について医療脱毛をしたいと考えている方は、ぜひご利用ください。

 

ミセルクリニックでは、国家資格を持つ経験豊富な医師により、最適な機種と施術方法を提案しているためご自身で使用する機種を選ぶことはできません。 医師や看護師などの医療従事者が実際に肌状態を確認してから脱毛施術を行うため、現在の肌状態に合わせた施術が行えるので安心ですね。

 

医療脱毛をするのが初めてで、痛みや効果が不安なは、各店舗で実施している無料カウンセリングをぜひご利用ください。

 

無料カウンセリングはこちら

 

ミセルクリニック 医療脱毛 はじめての方限定

ページの先頭へ戻る

  • 無料カウンセリング予約へ
  • 電話予約
  • ページの先頭へ戻る