内服薬でシミが治る?医療機関の治療法について|ミセル

コラム

COLUMN

美容コラム

内服薬でシミが治る?医療機関の治療法について

内服薬でシミが治る?医療機関の治療法について ミセルクリニック

顔に目立つシミがある方は、どのような治療や予防をすれば良いのか悩むかと思います。

今回は、シミに効果的な治療方法についてご紹介します。

 

 

内服薬で治せるシミ治療とは
内服薬だけでシミ治療はできるの?
内服薬以外のシミ治療とは?
シミの予防に効果的なグッズは?
シミ治療はどうやって選ぶの?

 

 

内服薬で治せるシミ治療とは

皮膚科専門医療機関のミセルクリニックでは、シミ治療に対して複数の方法を提案しています。

まずは内服薬で行える治療方法についてご紹介します。

シナール配合錠

ビタミンCとパントテン酸という二種類のビタミン類を組み合わせた薬です。

シミの原因になるメラニン色素が作られるのを防止するだけでなく、すでに作られたメラニン色素を分解しやすくします。 両頬にくすんだ淡いシミができる「肝斑」の治療によく用いられます。

 

トラネキサム酸カプセル

アミノ酸であるトラネキサム酸は、メラニンを作り出すメラノサイトと呼ばれる色素細胞の活性化を抑制して、シミが作られるのを防止します。

抗炎症作用も併せ持ち、美白効果も期待できます。

 

ハイチオール錠

メラノサイトからメラニンが作られる時に利用されるのがチロシナーゼという酵素です。

ハイチオールはチロシナーゼの働きを抑える他に、チロシナーゼを作られにくくする働きや、皮膚の新陳代謝を促進してお肌のターンオーバーを早めてメラニンの排出を促進する働きがあり、これらの複合的な作用でシミを改善させる効果があります。

 

メルスモンカプセル

アミノ酸、ビタミン類、ミネラル類などの栄養素を含んだプラセンタを原料としています。

お肌の新陳代謝を高めて美白効果が期待できる他、栄養補給や健康維持にも効果的です。

 

 

内服薬だけでシミ治療はできるの?

内服薬だけでシミ治療はできるの? ミセルクリニック

内服薬のシミ治療は、お肌のターンオーバーの周期を考えると効果を実感するまでに数か月間服用を継続する必要があります。

そのため即効性のあるシミ治療を期待している方のために、当院では内服薬と組み合わせた複数の治療方法をおすすめしています。

 

 

内服薬以外のシミ治療とは?

内服薬以外のシミ治療とは? ミセルクリニック

レーザートーニング

医療用レーザーをお肌に照射して、肌全体のメラニン量を減らす働きがあります。

肝斑や深いところにできてしまったシミに効果的な施術方法です。美白や美肌効果も期待できます。 (ミセルクリニックでは施術の後に、トラネキサム酸のイオン導入がプラスさせたプランです)

 

フォトセラピー

最新の光治療機で肌に合わせた適切な光エネルギーを照射することで、メラニンの排出を促進する働きがあります。

表面にあるシミやくすみに効果的です。施術直後でもメイクが行えるので忙しい社会人に人気のメニューです。

レーザートーニングに比べて痛みの少ない方法ですが、治療期間が長くなることもあります。 (ミセルクリニックでは施術の後に、ビタミンCのイオン導入がプラスされたプランです)

 

イオン導入

お肌に有効な成分であるビタミンCとトラネキサム酸を塗布して微弱な電流を流すことでお肌の奥深くまで有効成分を浸透させる方法です。

シミ以外にも、くすみ、しわ、ニキビなどの肌トラブルの改善に効果的です。 レーザートーニングやフォトセラピーと合わせて行うことでさらなる効果が期待できます。

メスを使わない方法として人気のメニューです。

 

 

これらの方法を内服治療と組み合わることで相乗的な効果が期待できます。

 

 

シミの予防に効果的なグッズは?

ミセルクリニックで取り扱っている美容製品の中には、シミ予防に効果的なものがありますので、その一部をご紹介します。

シミの予防に効果的なグッズは? ミセルクリニック

美容ドリンク「インナー ラ・プレシア」

高濃度のプラセンタエキスを配合し、ビタミンC、プロテオグリカン、パッションフルーツ、ザクロエキス、ルチンなどの体の内側から綺麗になれる成分を複数配合したドリンクです。

プラセンタのもつ抗炎症作用、活性酸素の除去作用、解毒作用などを利用してお肌が良くなる環境を作り出します。

 

日焼け対策サプリメント「SOLPRO WHITE」

日焼け対策成分の「ニュートロックスサン」は、シトラスとローズマリーから抽出したエキスです。

紫外線を浴びると、活性酸素と呼ばれる老化成分が生成されますが、この生成を抑える抗酸化作用と抗炎症作用により、メラニン色素が作られにくくします。

その他にも、ドクダミ、カモミール、セイヨウサンザシ、ブドウという4種類のハーブを混合しており、くすみやシワの原因になる肌糖化を防止します。

 

 

シミ治療はどうやって選ぶの?

様々なシミ治療方法がありますが、皮膚科専門医が診断により総合的に判断した結果、必要な治療方法が選択されます。

複数の治療方法を組み合わせて行うことで、シミの改善が促進されやすくなり、シミの生成予防や全体的な肌状態の改善も期待できます。

肌状態は個人差が大きいので、診断結果によっては希望する治療方法を行えない場合がありますが、その場合も適切な治療方法を提案しますので、ご安心ください。

 

 

★無料カウンセリング予約はこちら

 

 

上記以外の疑問点などについても無料カウンセリングをおこなっていますので、お気軽にご相談下さい。

レーザートーニング(イオン導入付)、フォトセラピー(イオン導入付)各通常¥16,800のところ ¥12,800

ページの先頭へ戻る

  • 無料カウンセリング予約へ
  • 電話予約
  • ページの先頭へ戻る