コロナ禍の肌荒れ?今年の春はマスクジミに要注意 - 医療脱毛・ワキガ治療ならミセルクリニック【公式】

コラム

COLUMN

美容コラム

コロナ禍の肌荒れ?今年の春はマスクジミに要注意

コロナ渦の肌荒れ?今年の春はマスクジミに要注意|ミセルクリニック

コロナ禍の影響でマスクをずっと着用していると、普段はあまり肌に悩まない人が肌荒れを起こしたり、これまでにないくらい酷い肌荒れに悩んだりする人がいます。
マスクを着用する機会が増えた今年の肌がいつもと違うと感じたときには、マスクの摩擦紫外線によって、自分では気がつかないうちに肌が影響を受けているのかもしれません。

 

今回は、マスクによる肌荒れの原因と対策方法についてご紹介します。
日差しが強くなる季節でもありますし、まだまだマスクを着用する日常生活は続きますので、肌状態を整えたい方は今回の内容をしっかりチェックしてみてください。

 

 

 

マスクによる肌荒れの大きな原因

コロナ渦の肌荒れ?今年の春はマスクジミに要注意|ミセルクリニック

マスクによる肌荒れは、そもそもなぜ起こってしまうのでしょうか。
大きな2つの原因である「摩擦」「蒸れ」についてみていきましょう。

 

サイズの合わないマスクが肌摩擦の原因に

マスクの種類によっては、S・M・Lというようにいくつかのサイズが用意されています。
しかし、ぴったりと自分の顔に合うサイズのマスクはなかなか見つからないのではないでしょうか。
一人ひとり顔立ちが異なるように、顔の形もそれぞれ異なります。
仕方なく自分に合わないマスクを使い続けている場合、これが肌摩擦の原因になってしまっているかもしれません。

 

小さすぎるマスクの場合

サイズが小さいマスクを使うときには、とくにマスク素材が肌に直接当たることによる刺激に注意しなければなりません。
常に顔がマスクで擦られていると、ニキビ・シミ・シワなどが起こりやすくなります。
また、マスクについているゴムの長さが合っていないときには、ゴムによる擦れによる刺激も増えてしまいます。
体のなかでも顔の皮膚は特に薄くてデリケートなため、外部の刺激を受けやすく肌トラブルが起こりやすいのです。

 

大きすぎるマスクの場合

大きいサイズのマスクは動きに合わせてズレやすく、特に会話中に口や表情が動くことで肌に擦れやすくなります。
ズレているのが気になり小まめにマスクの表面を触って位置を調整したり、鼻に跡がつかないようにノーズフィットをしっかり押さえていなかったりすると、せっかくの感染対策も無駄になってしまいます。
マスクと肌の隙間が大きければ大きいほど、少しの動きでマスクがズレやすくなり肌に摩擦を与えてしまうのです。

 

湿気がこもって蒸れやすい

マスクを一日中着用していると、通気性が悪くなり湿気がこもって雑菌が繁殖しやすい状況になってしまいます。
特に感染対策を気にして二重にマスクをしていると、肌がべたつくぐらいに通気性が悪くなっていることもあるかもしれません。
こうなると毛穴などに雑菌が入ることでニキビなどの肌トラブルが起こりやすくなります。

 

乾燥肌が気になる方は、マスクによる湿気で肌が潤うから良いのではないかと考えてしまうこともあるでしょう。
しかし、マスクの内部に湿気がこもっている場合、マスクを外したときに一気に水分が蒸発し、肌にとってかなりの乾燥状態となってしまうのです。

 

マスクは、「自分のサイズに合ったものを選び」「不要なときには適度に外して通気性を高める」ように心がけましょう。
肌状態が特に悪いと感じるときには、肌に刺激となる不織布素材は使わずに綿素材のマスクに変更するなど、肌への刺激が少ないマスクを選ぶようにしましょう。

 

 

紫外線で肌状態が悪化する?

コロナ渦の肌荒れ?今年の春はマスクジミに要注意|ミセルクリニック

マスクによる擦れや蒸れなどで肌に赤みや傷があるときには、肌状態がさらに悪化しないように注意が必要です。
肌に負担となるのは、マスクだけではありません。
実は紫外線によっても大きなダメージが起こってしまうのです。

 

紫外線による肌へのダメージ

紫外線と聞くと、なんとなく真夏の太陽が思い浮かびます。
しかし、真夏以外にも紫外線が多い季節があることをご存じでしょうか。
実は、紫外線の量は4月~6月の春先にかけて増加傾向にあるのです。
花粉症にかかっていると、くしゃみや鼻水以外にも肌に痒みや赤みが出ることがあります。
さらにマスクが原因で肌トラブルが起こっているときには、春先に紫外線を浴びることで一気に肌トラブルが悪化してくるかもしれません。

ニキビ、しわ、たるみ、乾燥肌など肌トラブルは色々ありますが、とくにUVケアを忘れてしまったときに目立ってしまうのがシミです。
マスクを着用する機会が増えてなんとなくシミが増えてきたと感じたときには、丁寧なスキンケアなどの対策に加えて「マスクジミ」対策が必要になっているのかもしれません。

 

 

レーザートーニングで肌状態を整えよう

コロナ渦の肌荒れ?今年の春はマスクジミに要注意|ミセルクリニック

マスクジミが起こってしまったときにオススメする治療方法がレーザートーニングです。
レーザートーニングでどのような施術を受けられるのかご紹介します。

 

レーザートーニングの効果

レーザートーニングは、紫外線によって肌に蓄積してしまうメラニン色素を減らしてくれるので、マスクジミを含めた全般的なシミを防ぐ働きが期待できます。
レーザートーニングは毛穴の開き、ニキビ跡の改善、肝斑、そばかすなどの加齢にともなう肌トラブルにも幅広く対応しています。
弱いエネルギーのレーザーを照射するため個人差はありますが、痛みの少ない治療方法です。

ダウンタイムはないので、施術後にいつものメイクをすることも可能です。

 

まとめ

コロナ禍にマスクを常時着用していると、敏感になった肌にはいつも以上に負担になっているかもしれません。
肌トラブルが起こってしまったときに、自然治癒を期待してそのまま放置していると、紫外線の影響を受けてさらに肌状態が悪くなってしまう可能性もあります。
マスクで隠れた部分とはいえ、他の人には見えない部分だからこそ、丁寧な対策をとりたいものです。

 

マスクによる肌荒れが起こっているときには、ぜひ当院のレーザートーニングを試してみてください。
レーザートーニングは、マスクジミはもちろんのこと毛穴の開きニキビ跡などの幅広い肌トラブルに対応しているため、肌状態の改善に効果的です。
気になる肌トラブルがあるときはもちろん、これからの季節に向けて肌状態を整えたいときにはいつでもお気軽に当院までご相談ください。

 

無料カウンセリングはこちら

ページの先頭へ戻る

  • 無料カウンセリング予約へ
  • 電話予約
  • ページの先頭へ戻る