脱毛の痛みを軽減するための工夫 - 医療脱毛・ワキガ治療ならミセルクリニック【公式】

コラム

COLUMN

脱毛コラム

脱毛の痛みを軽減するための工夫

今まで脱毛をしたことがないという方は、脱毛施術時の痛みが気になってなかなか施術に踏み切れないという人もいるのではないでしょうか。 また、痛みが少ないというエステ脱毛をしたけれど、普通に痛みを感じた方や、脱毛効果を実感できなかったという経験がある方もいるはずです。

 

今回は、医療脱毛と痛みとの関係性についてのお話です。 特に痛みに弱い方は、事前に詳しく知っておくことで恐怖が和ぐかもしれません。脱毛施術の前にぜひ一度お読みください。

 

 

医療脱毛の痛みはどれくらい?

エステ脱毛では光脱毛を使用しているため、弱い照射によって痛みが感じにくくなっています。 しかし、医療脱毛はそれに比べて痛みを感じやすいという話を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。

医療脱毛は痛みが強いというのは、本当なのでしょうか。

 

医療脱毛の場合は、イメージとして輪ゴムでパチンと弾かれたような痛みを感じることがあります。 照射時には痛みを感じますが、持続的な痛みではないため、痛みが弱い方でも耐えられる痛みだと言えるでしょう。

 

医療機関で使用している脱毛機器は、レーザーで毛根を直接的に破壊することで脱毛しています。
エステ脱毛で使われている光エネルギーに比べて、肌の奥深くにアプローチしているため、痛みを感じやすくなります。

 

ただし、痛みの感じ方には個人差が大きく、脱毛施術を行う部位によっても様々です。 次の項目では、場所による痛みの感じ方の違いについてご紹介します。 部分脱毛を考えている方や、全身くまなく脱毛をしたい方はぜひ一読ください。

 

痛みを感じやすい部分

医療脱毛では、「毛が太い」、「密集した毛がある」、「骨の近くにある」、「皮膚が薄い」という部分に痛みが感じやすい傾向にあります。 具体的にどのような場所に痛みを感じやすいのかをまとめてみたので参考にしてください。

 

指や手の甲など

手足の指や手の甲などは、皮膚が薄くて骨の近くにある場所です。 皮膚が薄いということは、それだけ肌の奥へと照射したレーザーが届きやすくなるので、痛みを感じやすくなります。 また、関節が多い場所は、骨の近くにある神経へ影響を与えやすくなるので、痛みを感じやすくなります。 基本的に、指や手の甲などの細かな場所にあるムダ毛処理は、この場合に当てはまると考えて良いでしょう。

 

ワキ、膝下

医療脱毛でもそれぞれ人気のワキや膝下部位は、自己処理を行う頻度も高い部分です。 正しくない自己処理をくり返した結果、濃くて太い毛が密集して生えてきてしまっているような時には、 これらの部位に脱毛施術をした時に痛みを感じやすくなります。

 

VIO

デリケートゾーン周囲にあるムダ毛は、痛みを感じやすい代表的な部位です。 濃くてしっかりとした毛が密集して生えており、皮膚も薄い場所であるため、脱毛レーザーの効果を実感しやすい場所ですが、体の中でもトップレベルに痛みを感じやすい場所であるとも言えるでしょう。

 

軽減する方法

痛みを感じやすい場所を医療脱毛したい時には、どのようにして痛みを軽減すれば良いのでしょうか。 ここからは、医療脱毛の痛みを軽減する方法を複数ご紹介します。 全て行うようにすると、痛みを大きく軽減できるかもしれませんが、どうしてもできないような時には、一つだけでも良いので試してみてください。

 

冷やす

脱毛時の痛みを軽減する方法として、一般的な方法が、照射予定部位を冷やすことです。 皮膚を冷やすことで敏感な場所にある皮膚の感度を低下させて、レーザー照射時の痛みを感じにくいようにします。 保冷剤を使用した照射前後のクーリングや、脱毛装置に冷却効果がついているものなど冷やす方法に関しては様々です。

 

医療用レーザーは、レーザーの熱が皮膚に伝わることで、施術後の炎症や火傷のリスクがあります。 照射部位を冷やすことで、これらのリスクを低減する効果も期待できます。

 

生理前後は避ける

女性の場合は、生理前後には女性ホルモンの影響によって敏感肌状態になります。 生理前にニキビなどの肌トラブルに悩まされる方もいるのではないでしょうか。 肌荒れしやすい時期に、脱毛施術を行っていまうと、いつもなら問題がない痛みであっても、鋭い痛みに感じてしまうことがあります。 一度の照射で感じてしまった痛みの影響で、恐怖心やストレスを感じてしまうと、その後の照射で痛みを強く感じやすくなります。

 

肌への負担を少なくするためにも、生理前後の施術はなるべく避けた方が良いでしょう。

 

保湿する

脱毛施術前後の丁寧な保湿は、痛みを感じにくくするためには欠かせない工程です。 肌が乾燥してしまうと敏感肌状態となってしまうため、レーザー照射時の痛みを強く感じやすくなります。 また、脱毛施術後の肌は、皮膚表面のバリア機能が低下しやすくなり、外部からの様々な刺激の影響を受けやすくなります。 脱毛前後に治療部位の保湿を小まめに行うことで、痛みの軽減に加えて、施術後の肌トラブルが起こるリスクを少なくできます。

 

日焼けを避ける

日焼けをしてしまうと、肌は炎症や乾燥をしやすくなります。 紫外線を浴びた肌は、皮膚を守るためのバリア機能が低下してしまい、本来はしっとりとした肌であっても乾燥しやすくなります。

 

医療脱毛では、基本的に黒色のメラニン色素をターゲットとしてレーザー照射を行っているために、脱毛を照射予定の部位に日焼けがあった時には、皮膚の黒色にレーザーが反応してしまうことで、痛みを強く感じやすくなります。 日焼けの程度によっては、脱毛施術自体が正式に行えなくなる可能性もあるため、医療脱毛を予定している時には、日焼けを避けるようにしましょう。

 

ミセルの冷却装置付きの医療脱毛機器

ミセルクリニックで行っている医療脱毛では、冷却装置の付いた医療用の機械を使用しています。  痛みが苦手で医療脱毛に興味がある方は、まずは無料カウンセリングでご相談ください。

 

無料カウンセリングはこちら

 

ミセルクリニック 医療脱毛 はじめての方限定

ページの先頭へ戻る

  • 無料カウンセリング予約へ
  • 電話予約
  • ページの先頭へ戻る