もう怖くない!医療レーザーと脱毛の仕組み|ミセルグループ

コラム・体験談

COLUMN

脱毛コラム

もう怖くない!医療レーザーと脱毛の仕組み

 もう怖くない!医療レーザーと脱毛の仕組み

脱毛という行為が一般的になってきた近年では、様々な方法で脱毛がおこなわれています。

カミソリ・電気シェーバー・脱毛専用クリームを使った自己処理方法の他に、医療脱毛・光脱毛・ワックス脱毛・糸脱毛などの専門的な施設でおこなわれる方法があります。

この中でも、その他の脱毛と比較して脱毛効果が高いと言われている医療施設でのみおこなわれている医療脱毛の仕組みについて特集します。

「なんとなく痛そう」、「レーザーなんて怖い」と考えている方もいるのではないでしょうか。

医療レーザーの詳しい仕組みやリスクを知ることで、きっと痛みや恐怖の軽減にもつながるはずです。

お時間のある時に、ぜひご一読下さい。

 

 

医療レーザーを使った脱毛の仕組みとは?
医療レーザーに多いリスクとは?
医療施設で使用しているレーザーの種類とは?

 

 

医療レーザーを使った脱毛の仕組みとは?

医療レーザーを使った脱毛の仕組みとは?

脱毛に使用される医療レーザーは、医療機器に分類されているため、医療施設でのみ施術がおこなえるようになっています。

皮膚表面に医療レーザーを照射すると、体毛の黒い色(メラニン色素)が反応して体毛に熱を集めます。 集まった熱は熱エネルギーという形で体毛の周囲へ広がります。

その時、毛乳頭と呼ばれる体毛を成長させるために栄養を送っている細胞を破壊するため、体毛を産生するのに重要な毛母細胞は栄養不足から毛を作り出すことができなくなり、体毛が生えなくなります。

毛乳頭にダメージを効率的に与えやすい期間とされているのが、毛周期の中でも「成長期」と呼ばれる期間です。

毛周期は他に「退行期」、「休止期」があり、周期的にこの期間を繰り返しています。 そのため、医療レーザーでおこなう時には、成長期に合わせた定期的な施術が必要になります。

 

 

医療レーザーに多いリスクとは?

医療レーザーに多いリスクとは?

医療レーザーは高エネルギーのレーザー光を利用しているので、予期せぬトラブルが起こるリスクがあります。 脱毛施術をおこなう前に、知っておくべきリスクについてまとめてみました。

痛み、赤み、ヒリヒリ感

レーザー照射をおこなった後の脱毛施術後には、軽度の熱感やヒリヒリ感を感じることがあります。

皮膚がエネルギーを受け止めきれない場合には、毛穴に火傷跡に似たかさぶたができることがあります。

肌が日焼けをしている状態や、乾燥状態の肌は、特にレーザーの高エネルギーを上手く受け止めきれないことが多くなるので、施術前には日焼けを避けて保湿をしっかりとするようにしましょう。

施術後の肌はレーザーの刺激によって敏感肌のような状態になっているため、施術後にも十分なスキンケアをおこなうようにしましょう。

 

ニキビ、毛嚢炎

皮脂腺が多くある背中や胸、太い毛が密集しているワキやデリケートゾーンなどに医療レーザーを照射すると、ニキビのような毛嚢炎と呼ばれる出来物ができることがあります。

大部分は一時的な症状で、1〜2週間程度でもとに戻りますが、数日経過しても症状が治まらない場合は、専門的な治療が必要となることもあるので、専門家に相談するようにしましょう。

 

色素沈着

施術後1ヶ月程度は、皮膚が外部からの刺激に弱くなっているため、強い日焼けや摩擦などの刺激によって色素沈着が残りやすい期間となっています。

施術後は日焼け止めを使い、合わないサイズの下着は避けるようにするなど外部からの刺激をなるべく避けるように積極的に予防しましょう。

 

 

医療施設で使用しているレーザーの種類とは?

医療施設で使用しているレーザーの種類とは?

医療レーザーを使用することのできる医療機関ですが、各医療機関によって準備されている医療機器は異なっています。

皮膚科専門の医療施設であるミセルグループでは、個人差の大きい体毛状態に対して、よりきめ細やかに対応をおこなえるように、複数の医療脱毛用の機器を準備しています。

ミセルグループで主に使用しているのが、米国FDAや厚生労働省で認可された最新ダイオードレーザー機器「Vectus(ベクタス)」です。「Vectus(ベクタス)」の優れている点についてご紹介します。

ハイスピード脱毛が可能となった

「Vectus(ベクタス)」は、スモールタイプとラージタイプの2つの照射ヘッドを使い分けられることが特徴です。

特にラージタイプの照射ヘッドのサイズは脱毛業界で最大の照射面積を誇ると呼ばれており、全身脱毛時における広い部位の施術も短時間で済ませることが可能です。

 

高エネルギーレーザーを均一に照射する

従来の医療レーザーではレーザー光が山型になり、突出した光によって肌が傷つきやすく痛みを感じやすいという問題点がありました。

それを改良したのが「Vectus(ベクタス)」です。 山型だったレーザー光が従来よりも比較的平らになり、レーザー光が皮膚に万遍なく行き渡るようになりました。

そのため、高エネルギーの光をムラなく照射できるようになり、痛みや肌の刺激を抑えて効果的な脱毛をおこなえるようになりました。

 

独自の冷却システムがある

同じ部位を連続で照射する時に重要なのが痛みに対するフォローです。

「Vectus(ベクタス)」は、冷却装置を備えているので照射時には速やかな冷却効果が期待できるため、痛みを感じにくい設計となっています。

 

いかがでしたでしょうか。 ミセルグループでは「Vectus(ベクタス)」以外にも、 「GentleLase Pro(ジェントルレーズプロ)」、「Soprano(ソプラノ)」といった機器を備えているので、個々の状態に合わせた施術が可能です。

もし万が一肌トラブルが起こった時には、医師による診断と治療が速やかにおこなえる環境を整えています。まずは無料カウンセリングでそのお悩みを打ち明けてはみませんか?

 

 

今なら、当グループで医療脱毛はじめての方対象にキャンペーン実施中です! ミセルグループで医療脱毛 初めての方限定 各1回初回限定価格 脇1000円 肘下6400円 膝下7400円 男性フェイス7400円

ご予約・カウンセリングはこちらから

ページの先頭へ戻る