産毛は脱毛できるの?医療脱毛の効果 - 医療脱毛・ワキガ治療ならミセルクリニック【公式】

コラム

COLUMN

脱毛コラム

産毛は脱毛できるの?医療脱毛の効果

太くて濃いだけがムダ毛の種類だと思いがちですが、うっすらと生えた産毛も、実はムダ毛の一種に含まれることをご存じでしょうか。 自己処理をするにしても、背中や二の腕などにあるムダ毛は処理しにくいものです。 自分では対応しにくい場所に生えている産毛や、剃れたかどうかが不安な時には、産毛の脱毛を考えてみても良いかもしれません。

今回は、自己処理しにくく、通常の脱毛機器では効果を示しにくい産毛についての特集です。

 

 

産毛の脱毛

柔らかくて目立ちにくい産毛は、なんとなく脱毛が簡単に行えそうなイメージを持ちやすいのではないでしょうか。 しかし、実際のところはムダ毛の中でも産毛は簡単には脱毛を行えないといわれています。 それはどうしてなのでしょうか。 まずは、脱毛の仕組みについて考えていきましょう。

 

一般的な脱毛方法は、ムダ毛にあるメラニン色素をターゲットとして、機械から照射された熱エネルギーが集まることでムダ毛にダメージを与えています。

 

つまりは、メラニン色素の多いような黒い色のムダ毛は、熱エネルギーを集めやすくなるため脱毛効果が高くなるのですが、メラニン色素の少ない産毛などの色の薄いムダ毛は、熱エネルギーを利用しにくいため、脱毛効果が現れにくくなるのです。

 

そのため、一般的に使われている機種ではなく、産毛に対しても効果的な脱毛機種を使用しなければならないのです。

 

産毛は蓄熱式で脱毛しよう

メラニン色素を利用した脱毛機器は産毛に効果を示しにくいのですが、それでも対応できる機種はあります。 それは、蓄熱式の機能を搭載した医療脱毛機器です。

 

蓄熱式機種の特徴はダイオードレーザーを短時間で連続して照射することで、弱いエネルギーでもしっかりと肌の下にあるバルジ領域にまで効果を示します。 ムダ毛を作り出している幹細胞は、毛根よりも皮膚表面に近いバルジ領域に存在しています。 肌の奥深くにある毛根を破壊しなくても、このバルジ領域を破壊できれば、毛に栄養が与えられないようになるため、脱毛効果が示せることが分かっているのです。

 

そのため、蓄熱式のダイオードレーザーを搭載している脱毛機種を使うことで、産毛のような細い毛がある方はもちろん、色黒肌や日焼けをした肌にも効果が期待できます。 このような蓄熱式の機械としては、メディオスター、ソプラノアイス・プラチナムなどの機種があります。
※なお、ミセルクリニックグループでは各院で取り扱っている医療脱毛の機器が異なりますので、詳細は各院までお問い合わせください。

 

蓄熱式機種の特徴についてよくある質問として、簡単にまとめてみましたのでぜひ続けてお読みください。

 

Q.痛みはあるの?

A.いいえ、ほとんど感じません。

輪ゴムで弾かれるような痛みがあった従来の医療用レーザー脱毛とは異なり、蓄熱式の機種では、スムーズに皮膚の上を滑らせるような施術が可能となったため、施術ではほとんど無痛という状態を可能にしました。

 

Q.皮膚に赤みは残る?

A.赤みが残る可能性はありますが、限りなく低くなっています。

蓄熱式の機種では照射したレーザーが皮膚で散乱しにくい状態になっているので、皮膚に対する負担を最小限に抑えています。 さらに冷却効果を搭載している機種がほとんどなので、皮膚へのダメージを軽減できます。

とはいえ、肌状態は個人差が大きいため、脱毛施術をすることで赤みや痛みなどの肌トラブルが起こる可能性は避けられません。 もし何らかの肌トラブルが起こった時には、速やかに医師に相談するようにしましょう。

 

Q.初回の脱毛施術後にムダ毛はすぐに抜けるの?

A.いいえ、数週間はかかります。

一般的によく使用されている熱破壊式のレーザー脱毛機器では、レーザーが一カ所に集中して照射されて毛根に直接ダメージが届くため、施術当日もしくは数日後にムダ毛がポロポロと抜け落ちることがあります。

しかし、蓄熱式の場合はムダ毛に栄養を与えているバルジ領域にダメージを与えるため、毛に栄養が行き届かないようになってから抜け落ちるため、2~3週間後にムダ毛が抜け落ちることがあります。

 

Q.蓄熱式の脱毛効果は熱破壊式よりも低いの?

A.いいえ、そのようなことはありません。

蓄熱式の場合は、集中的にバルジ領域をターゲットとしているため、表面のムダ毛が抜け落ちる速度は熱破壊式に比べて遅くなりますが、ムダ毛が生える機能に直接影響を与えられます。 最終的な脱毛効果は熱破壊式とほとんど変わらないので、安心してください。

 

Q.子どもでも脱毛はできますか?

A.個人差がありますので、一度ご相談ください。

蓄熱式の脱毛機種を利用すれば、小学生や中学生の柔らかい肌でも問題なく脱毛施術を行えます。 ただし、子どもの脱毛では複数の注意点があることを事前に知っておきましょう。

脱毛施術は独特の空間で行わなければならないため、一人でじっとしていることが難しい子どもには施術が行えないことがあります。 痛みを感じにくい機種ではありますが、大人にとっては少しの痛みであっても、敏感な子どもにとっては強い痛みに感じることもあるので、ある程度痛みに耐えられる年齢である方が良いでしょう。

一般的には、小学生未満の子どもには脱毛施術が難しい場合があります。

 

また、せっかくムダ毛が気になる思春期に入るまでに脱毛が終了した時でも、ホルモンバランスが変化しやすい第2次成長期前後には、ムダ毛が新しく生えてきてしまう可能性があります。

あまりお急ぎでない場合は、第2次成長期が終わった頃に脱毛を開始することをおすすめします。

 

ミセルクリニックでは蓄熱式脱毛器が利用可能

ミセルクリニックの各店舗では、今回ご紹介した蓄熱式の脱毛機器以外にも複数の機種を準備しており、お客様ひとりひとりの肌状態に合わせて適切な脱毛機器を医師が選択しています。

 

顔や背中、二の腕などの産毛に悩んでいる方は、諦めずにご相談してください。 無料カウンセリングはミセルクリニックの全店舗で行っているので、毛質に合わせた医療脱毛を行えるクリニックを探している方は、お気軽にご利用ください。

 

無料カウンセリングはこちら

ミセルクリニック 医療脱毛 はじめての方限定

ページの先頭へ戻る

  • 無料カウンセリング予約へ
  • 電話予約
  • ページの先頭へ戻る