医療脱毛で日焼け対策は必要? |医療脱毛ならミセルクリニック

コラム

COLUMN

脱毛コラム

医療脱毛で日焼け対策は必要?

ミセルクリニック 医療脱毛 日焼け対策は必要?

お肌に気を使っている人が特に気になるのは紫外線による日焼けです。
春や夏には強い直射日光が降りそそいでしまうため、お肌にとってはダメージを受けやすい季節です。
これから医療脱毛をおこなおうとしている時には、日焼け対策は必要なのでしょうか?
今回は、気になる脱毛と日焼けの関係についての特集です。

医療脱毛をするなら日焼け対策を万全に

最初に結論を言いますが、「医療脱毛をおこなっている方・おこなおうとしている方は、日焼け対策は必須」です。
それはなぜなのか、これから一つずつ解説していきます。

日焼けによって起こる症状

・赤みや痛み

紫外線によって肌が刺激を受けると、肌が赤くなることがあります。
赤くなった肌に触れるとピリピリとした刺激を感じることもあるでしょう。
この赤みは、肌が現在炎症しているという証拠です。

もし炎症している肌のままで医療脱毛の施術をおこなおうとした時には、脱毛施術によってさらに肌に刺激を受けてしまうことになります。そのため、通常よりも痛みを感じやすい敏感肌状態となり、通常の肌状態では特に問題とはならないことが、大きな障害になることがあります。
例えば、「施術事態が痛くて我慢ができない」、「肌の炎症が強くて施術を避けなくてはいけない」というような可能性が考えられます。

・黒くなる

紫外線を受けた後に肌が黒くなると、医療脱毛の施術効果が低下してしまう可能性が考えられます。
医療脱毛に使用している主な機械は、毛根周囲に存在しているムダ毛を作り出す黒色細胞メラニンをターゲットとして照射をおこなっています
そのため、日焼けをして黒くなった肌に照射をすると、照射エネルギーが肌表面に留まりやすくなり、毛根まで届かなくなるため「脱毛効果が低下」して、さらには「肌へ余計な負担を与えて肌トラブルが起こりやすく」なります。

肌荒れ(ニキビ、吹き出物など)

日焼けによって肌ダメージが深刻になると、肌状態が悪化してニキビや吹き出物が起こりやすくなります
施術場所に明らかな肌荒れが認められる場合は、医療脱毛をおこなうと肌荒れの悪化に繋がるため、その部位に対して「施術が行えない可能性」があります。

※これらの日焼けによって引き起こされる症状が特に強い時には、医療脱毛の施術がおこなえない可能性があります。

日焼けの対処・ケア方法は?

それでは、実際に日焼けの対処・ケア方法について見ていきましょう。
医療脱毛の施術前後に分けて紹介していますので、それぞれご確認ください。

<医療脱毛をおこなう前日まで>

日焼けを予防して肌を健やかな状態に保つことが重要です

医療脱毛をおこなう前日までは、日焼けを予防して肌を健やかな状態に保つことが重要です。
特に汗をかきやすい夏場は、汗を適度に拭き取るのに合わせて日焼け止めを定期的に塗りなおすようにしましょう。
さらにUVカット効果のある傘や帽子、衣服などを積極的に利用してなるべく日陰を歩くようにすると良いでしょう。

<医療脱毛をおこなう当日は>

脱毛施術当日には、日焼け止めを塗らないように

医療脱毛をおこなう当日は、毛穴をなるべく清潔に保つ必要があります。
そのため、「脱毛施術当日には、日焼け止めを塗らないように」してください。
日焼け止めを塗ったまま施術をおこなってしまうと、毛穴を日焼け止めが塞いでしまうため脱毛効果が下がるばかりか、日焼け止めに医療用レーザーが反応して火傷などの肌トラブルが起こる可能性があります。

<医療脱毛をおこなった後は>

脱毛後最低1週間程度は紫外線から肌を守るようにしましょう

医療脱毛後は、肌が刺激に敏感になっているため、紫外線を浴びることでニキビや毛包炎などの肌トラブル以外にも、色素沈着などのシミトラブルも起こりやすくなっています。
そのため、脱毛後最低1週間程度は紫外線から肌を守るようにしましょう。
服装は露出を押さえて、長袖・パンツスタイル・マスクなどを利用して照射部位の日焼けを予防するのも効果的です。
また、次回の脱毛予定がある場合は、「医療脱毛をおこなう前日まで」の対策を引き続きおこなうようにしましょう。

日焼け止めの使い方

日焼け止めの基本的な使いかた

日焼け止めを普段から使い慣れていない方のために、日焼け止めの基本的な使いかたについてご紹介します。
よく使用している方でも誤った使いかたをしていては日焼け止めの効果が低くなるので、正しい使いかたができているか確認してみましょう。

・日焼け止めの選び方

日焼け止めは、紫外線の強さや生活のシーンに合わせた選択が必要です。

「買い物などの日常生活」→SPF10-20
「屋外レジャーや軽いスポーツ」→SPF15-30
「炎天下のレジャーやマリンスポーツ」→SPF30-50
「非常に紫外線が強い場所、紫外線に過敏な方」→SPF50+以上

上記のようにSPF表示に合わせて日焼け止めを選ぶようにしましょう。
また、可能であれば医療脱毛前後には炎天下のレジャーや長時間のスポーツなどはなるべく避けるようにしましょう。

・日焼け止めの塗り方

顔に使用する場合は、まず手のひらに1円玉サイズの日焼け止めをのせて、両側の頬・額・顎・鼻に分けてつけます。その後、顔全体に丁寧に伸ばしながら日焼け止めを馴染ませます。指全体を使用して大きく動かしながらつけるのがコツです。同様に、再度重ね付けをします。

化粧をおこなう時には、洗顔後、化粧水などいつものスキンケア後に日焼け止めを使って、その後化粧下地を塗ってからいつもの化粧をおこないましょう。最近では、化粧下地に日焼け止め成分が配合されたものも販売されていますので、化粧品販売者に相談するものおすすめです。

首には、10円玉サイズの日焼け止めを手のひらにのせた後、下から上に向かってなじませていきます。

体には、容器から肌に直線を書くようにたっぷりとのせます。
手のひら全体を使用して大きく円を描くようにして、ゆっくりと優しく広げていきましょう。

それでも日焼けをしてしまった時は

医師や看護師が常駐しています

ミセルクリニックは美容クリニックのため、医師や看護師が常駐しています
もし医療脱毛の施術予定前後に日焼けなどの皮膚トラブルが起こった時には、必ず店舗まで相談してください。
日焼けの程度によっては、最新の医療機器を使用することで施術がおこなえる可能性もありますし、外用薬などの皮膚トラブルに対応した処方をおこなうことも可能です。
事前のご連絡なく、当日受診された時には、肌状態によっては脱毛施術がおこななえないこともあるのでご注意ください。

 

 

今なら全院で、医療脱毛はじめての方対象にキャンペーン実施中です!

ミセルクリニック はじめての方限定 医療脱毛

 

 

★無料カウンセリング予約はこちら

ページの先頭へ戻る

  • 無料カウンセリング予約へ
  • 電話予約
  • ページの先頭へ戻る