顔のほくろが多いのが悩み…【原因と除去方法】 | 医療脱毛・ワキガ治療ならミセルクリニック【公式】

コラム

COLUMN

美容コラム

顔のほくろが多いのが悩み…【原因と除去方法】

顔のほくろが多いのが悩み…【原因と除去方法】|ミセルクリニック

顔にほくろが多い方は、周囲からの目線に悩むことが多いでしょう。
体にはほくろが多くないにも関わらず、顔にだけたくさんのほくろがあることも珍しくはありません。
どうして顔にほくろがたくさんできるのでしょうか?

 

今回は顔のほくろが多くて悩んでいる方に対して、その原因と除去方法についてご紹介します。

 

 

 

顔のほくろが多い原因

顔のほくろが多いのが悩み…【原因と除去方法】|ミセルクリニック

ほくろができる原因は様々ですが、ここでは代表的なものについてご紹介します。

 

紫外線

体が成長するに従って、年々ほくろが増えてきたという方は、紫外線の影響が考えられます。
皮膚にはUVクリームなどを塗って紫外線対策をしていても、サングラスをしていないと目から入った紫外線による刺激でほくろができやすくなります。
紫外線対策にはクリーム以外にも、サングラス、帽子、傘などを併用すると良いでしょう。

 

ストレスが多い

ストレスの多い生活を過ごしていると、ホルモンバランスや自律神経の乱れから肌のターンオーバーに悪影響を与えてしまうため、ほくろやシミの原因であるメラニン色素が排出されにくくなります。

女性の場合は妊娠中の女性ホルモンが影響してほくろの色が濃くなることもありますが、ストレスが多い生活を続けていると、ほくろ以外にも様々な病気に悪影響となります。
趣味や運動などで定期的なストレス発散方法を身に付けましょう。

 

食生活の乱れ

外食中心の食生活やアルコールの多い生活などを続けていると、肌に必要な栄養が不足するためにメラニン色素が沈着しやすくなり、ほくろができやすくなります。
ビタミンやミネラルが豊富な緑黄色野菜を中心に、バランスの良い食生活にすることでほくろができにくい肌を手に入れられるでしょう。

 

病気

ほくろだと思っていたものが、病気が原因という場合もあります。
例えば、悪性黒色腫というほくろに似た病気があり、いわゆる皮膚がんの一種で、男女ともに死亡率が高い病気として知られています。
顔にできるほくろに似た悪性黒子型という種類は、特に高齢者の顔にほくろのような形でできるので専門家による診断が必要です。

 

 

ほくろ失敗談

顔のほくろが多いのが悩み…【原因と除去方法】|ミセルクリニック

顔にあるほくろをどうにかしようと挑戦して、失敗してしまった例をご紹介します。

 

メイクに失敗した

たくさんあるほくろを隠そうとしてメイクを頑張った結果、違和感のある仕上がりになってしまったということもあるでしょう。
素肌に馴染ませてほくろを隠すためにはファンデーションだけでなく、下地やコンシーラーを併用した方が良いでしょう。

また、パウダーファンデーションはお直し用として外出時に使うようにして、基本のメイクにはリキッドタイプのファンデーションを使うとほくろが目立ちにくくなります。

 

お金がかかった

今まで使ったことのないメイク用品を新しく購入するなどで想像以上の費用がかかることがあります。
ほくろがある限り、永遠と費用がかかってしまうのも問題です。
あまりにもほくろ対策に高額な費用を使っているような時には、専門的な施設でほくろを除去した方が安くなることもあります。

 

肌に合わなかった

ほくろを自力で除去しようと考える人の中には、自宅で行えるほくろ除去クリームなどの製品を利用しようと思う人もいるのではないでしょうか。
基本的にはこれらの製品については海外産であることが多く、入手方法は個人輸入などの限定的な方法に限られています。

手に入れた後は、使用方法にも注意が必要です。
日本語以外の言葉で書かれた説明書が添付されている場合、説明書の内容について理解が不十分なまま使用してしまうことがあり、肌トラブルが起こる可能性が高くなるため注意しましょう。

また、これらは日本人向けの製品ではないため予想外の問題が起こることがあります。
特に敏感肌や乾燥肌などの肌悩みがある方は、製品を使用した後に肌トラブルが起こりやすいため別の方法を利用した方が良いでしょう。

 

 

自宅でできるほくろ除去方法

顔のほくろが多いのが悩み…【原因と除去方法】|ミセルクリニック

自分でできるほくろの除去方法についてご紹介します。
ただし、それぞれメリットとデメリットがあるため、使用する際には注意事項をよく確認してからご利用ください。
(※基本的にこれらの製品は自己責任となりますので注意しましょう)

 

お灸

日本では古くから行われていた民間療法です。
除去したいほくろの上にお灸をのせて火をつけると、ほくろを焼き切れます。
もぐさという製品を利用しますが、もぐさの量が多すぎたり、安いもぐさを利用したりすると温度が急激に上がりすぎることで火傷が起こりやすくなります。
火傷の痕が残ってしまうこともあるため、使用中は静かな場所で慎重に行うようにしましょう。

 

クリーム

前述したように海外産のほくろ除去クリームは、日本人の肌に合わないことが多く、入手するためにもある程度の手間がかかります。
それでもクリームで除去したいという気持ちが強い方は、複数の製品から自分の肌に合ったものを選ぶ必要があります。
アルカリ性の製品が多いため、皮膚を溶かしてほくろを除去する方法が主流です。
ほくろ以外の皮膚に塗布した場合は、肌がガサガサになってしまう可能性があるため注意しましょう。

 

自宅用レーザーペン

ほくろ以外にもシミやそばかす、魚の目などの除去に使えるといわれている製品です。
海外産であるため、クリームと同様に入手経路が難しい可能性があります。
使用方法についても安全性が第三者によって評価されているというわけではないため、使用の際は完全に自己責任となります。
レーザーを誤った場所に照射してしまうと、火傷などの傷以外にも失明のリスクなど使用の際には注意が必要です。

 

 

ミセルのほくろ除去

顔のほくろが多いのが悩み…【原因と除去方法】|ミセルクリニック

ミセルクリニック大阪梅田院では、ほくろ除去の定額プランをご用意しています。
安全性と効果が厚生労働省によって保障された医療機器を利用し、炭酸ガスレーザーでほくろを除去していきます。
メスを使わない方法なので肌に傷が残る可能性は低いのですが、施術後は一時的に火傷をしたような肌になるため、しっかりとしたケアが必要になります。

直径が5mm以下であるほくろはレーザー治療が可能なので、小さなほくろがたくさん顔にある方におすすめです。

 

また、姫路院西宮院でもほくろ除去の施術をおこなっています。

 

顔のほくろでお悩みの方はたくさんいます。
少しでも気になった方は、ぜひ無料カウンセリングをお申し込みください。

 

★無料カウンセリング予約はこちら

ページの先頭へ戻る

  • 無料カウンセリング予約へ
  • 電話予約
  • ページの先頭へ戻る