顔全体に広がる肝斑って?効果的なレーザー治療|ミセルグループ

コラム・体験談

COLUMN

美容コラム

顔全体に広がる肝斑って?効果的なレーザー治療

顔全体に広がる肝斑って?効果的なレーザー治療

肝斑(かんぱん)と呼ばれているシミがあるのをご存知でしょうか?

シミの中でも顔全体に広がるタイプのシミで、 「老けてみられてしまう」 「化粧が厚くなる」 「見た目が気になる」 と女性の方でも悩んでいる方が多いシミです。 今回は、そんな肝斑についての特集です。

 

 

肝斑(かんぱん)ってなに?
肝斑(かんぱん)の治療法と予防法
肝斑に効果的!レーザートーニングとは?

 

 

肝斑(かんぱん)ってなに?

肝斑(かんぱん)って何?

定義

30代〜40代の女性に多くできるシミの一種です。

女性ホルモンが影響されるといわれており、 閉経すると自然と治ることの多いシミで、肝臓の臓器の形によく似た形をしているのでこの名前がついています。

 

特徴

左右対称にシミができるのが特徴です。

 ・目の下に蝶のようにもやっと広がるタイプ

 ・ほお骨に沿って筆で描いたようなタイプ

 ・コメカミ近くにできるタイプ

 ・額や口のまわりにできるタイプ

などがあり、左右対称にできても大きさが異なるタイプもあります。 刺激によって悪化する特徴があるので、こすったりさすったりするなどの刺激を与えるのは避けましょう。

 

 

肝斑(かんぱん)の治療法と予防法

肝斑(かんぱん)の治療法と予防法

治療法

 ・色素成分であるメラニンの沈着を抑制する効果をもつトラネキサム酸やビタミンCなどの内服薬

 ・美白成分の入った外用剤や化粧品

 ・皮膚のターンオーバーを早めてメラニンの排出を促進させるケミカルピーリング

 ・最新のレーザー機器を使用した治療法

などがあります。

 

保険適応外の治療法も多く、保険適応内の治療をおこないたいのであれば、専門的な皮膚科治療のできる医院やクリニックの受診が必要となります。

シミの種類によっては逆効果となる治療法もあるので、まずはどんなシミなのか医師の診断を受ける方が望ましいでしょう

 

予防法

●ストレスをためない

ホルモンバランスが関与してできるシミといわれているので、過度なストレスでホルモンバランスが乱れてしまうと悪化する可能性があります。 特にシミ自体が気になってしまってストレスを感じるという方は、速やかに専門機関を受診して相談してください。

 

合わない化粧品、スキンケア製品は使わない

シミを美白化粧品やスキンケアを使って改善しようと思って使い始めたとたんに、「ヒリヒリする」「かゆみがでる」「赤みがでる」などの症状が起こることがあります。

体調の変化などで長年使用していたものでも突然合わなくなることもあります。 合わない化粧品やスキンケア製品を使い続けることで肝斑が悪化したという方もいますので、値段が高価だったからと使い続けずにすぐに使用を止めましょう。

 

洗顔はとにかく優しくする

こすったりさすったりすることで悪化するタイプのシミです。 汚れのようなシミをとりたいと思って必要以上にゴシゴシ洗顔してはいませんか?ゴシゴシ洗顔を避ける正しい洗顔法をおこなうようにしましょう。

 

<正しい洗顔方法>

 

1.しっかりと泡立てる

洗顔料を使う時には、事前に泡立てネットなどを使って手のひらいっぱいに泡立てるようにしてください。

 

2.泡を使って丁寧に優しく洗う

実際に泡を使って顔を洗っていく時には、肌に手が触れるかどうかという力加減で、なでるように全体をすべらせていきましょう。 泡には汚れを吸着する効果があり、しっかり泡立っていれば少しずつ汚れが浮き上がってくるのでゴシゴシこする必要はありません。

 

3.洗い残しがないようにすすぐ

洗い流す時には洗顔料が残ってしまうと肌汚れや刺激の原因となるので、しっかり洗い流しましょう。 この時、こすったりさすったりせずにたっぷりの水分で優しく洗い流しましょう。

 

4.タオルでやさしく水分を取り除く

洗顔後に水分を拭き取る時には、タオルで軽く抑えるようにして水気をとるようにしましょう。

 

 

 

肝斑に効果的!レーザートーニングとは?

肝斑に効果的!レーザートーニングとは?

内服薬や外用薬は皮膚のターンオーバーに合わせた治療法のため、その効果が出るには4〜5週間後(約1ヶ月以上)継続して使用する必要があります。

大事なイベントなどがあり、そんなに待っていられないという方は、皮膚科専門のクリニックでおこなえるレーザートーニング治療をおすすめします。

 

最新の医療用レーザー機器「TRY−BEAM(トライビーム)」

ミセルグループのレーザートーニングでは、「TRY−BEAM(トライビーム)」という最新の医療用レーザー機器を使用しています。

従来のレーザー治療機器では肝斑の治療に使ってしまうとシミの範囲拡大・沈着といった問題があり治療がおこなえませんでした。最新機器の「TRY−BEAM(トライビーム)」はシミやあざを治療する目的に開発された医療用レーザー機器であるため、従来のレーザーよりもお肌へのダメージを抑え、短時間で効果的な治療をすることができるのが特徴です。

 

レーザートーニングの効果

幅広い範囲に均一のレーザー光を照射することができるようになり、肝斑を含めたシミ・そばかす・くすみ・ニキビ跡などの幅広いの肌トラブルに対して治療をおこなえるようになりました。

肌全体のメラニン量を減少させる効果もあるので、肝斑治療に併せて美白・美肌効果がおこなえるのもポイントです。

 

レーザーを顔に当てると聞くと少し怖いかもしれませんが、非常に弱いパワーで照射しますので、少しピリピリするぐらいで痛みはほとんどありません。(※個人差はあります)

レーザートーニングの施術時間は30分程度と短く、施術後には微弱な電流を流すことで有効成分を深部まで浸透させる「イオン導入」が付いています。ダウンタイムがほとんどないので、施術直後からメイクができるのもオススメのひとつです。

 

<こんな人にオススメ>

複数のシミが一か所にできている一回で効果を実感したい日常のお手入れなども合わせて相談したい、という方はぜひ、ミセルグループでおこなっているレーザートーニングを体験してみませんか?

 

皮膚科専門の医療機関であるミセルグループでは、医師・看護師などの医療関係者による無料カウンセリングをおこなっています。 ぜひ一度ご相談ください。

 

今なら、当グループでシミ治療はじめての方対象にキャンペーン実施中です!

レーザートーニング(イオン導入付)、フォトセラピー(イオン導入付)各通常¥16,800のところ ¥12,800

●レーザートーニング(イオン導入付)

●フォトセラピー(イオン導入付)

それぞれ通常 ¥16,800のところ → ¥12,800

ご予約・カウンセリングはこちらから!

ページの先頭へ戻る