シミの一種!そばかすに効く治療方法とは?|ミセルグループ

コラム・体験談

COLUMN

美容コラム

シミの一種!そばかすに効く治療方法とは?

シミの一種!そばかすに効く治療方法とは?

暑い夏の季節も終わり、夏の間に刺激を受けたお肌の調子が悪い、なんてことはありませんか?

今回はシミの中でも紫外線の影響が強いといわれている『そばかす』についてのお話です。

 

 

シミの一種!そばかすってなに?
そばかすに効く治療とは
そばかすに効果的!フォトセラピーってなに?

 

 

シミの一種!そばかすってなに?

シミの一種!そばかすってなに?

そばかすの定義

そばかすとは、専門用語で雀卵斑(じゃくらんはん)と呼ばれるシミのことです。 雀の卵のように小さな斑点模様のシミが、目の下から鼻を中心に顔全体にできることが特徴です。 紫外線を浴びた影響でシミの色が濃くなることもあります。遺伝的な影響のため、化粧品を使った対処療法が難しいといわれています。

 

自宅ケアと専門機関での治療

特に30代以降になるとシミやくすみなどのお肌のトラブルで悩む人が増加しますが、大部分の人が自宅でできる美白化粧品やサプリメントを使ったケアを行なっているといわれています。

皮膚科やクリニックなどの専門機関の受診はハードルが高いと思われるかもしれませんが、自己流でおこなうケアよりも、専門家による専門的な治療の方が、やはり効果的だといえます。

 

 

そばかすに効く治療とは

通常、皮膚科やクリニックを受診した際に、シミ・そばかすに対して、どのような治療がおこなわれるのかをまとめてみました。

 

内服薬/おくすり

シミ・そばかす対策の内服薬として、主に用いられるのが、「シナール」「トラネキサム酸」と呼ばれる、美白作用のある薬剤です。

 

◼︎シナールの働き
シナールは、アスコルビン酸(別名:ビタミンC)とパントテン酸が配合された薬です。 シミ・そばかすの原因となるメラニン色素を作られにくくし、既につくられてしまったメラニン色素をもとに戻しやすくする働きがあります。

さらに、コラーゲンを生成して保持する働きがあるのでお肌の弾力性も保ちます。抗酸化作用をあわせもっているため、お肌の老化を防ぐアンチエイジング効果もあります。

パントテン酸を配合しているので、ビタミンC単独よりもビタミンCの吸収率が良く、 ビタミンCのサプリメントでは効果を感じられないという方にもおすすめです。

 

◼︎トラネキサム酸の働き
トラネキサム酸は、別名抗プラスミン薬とも呼ばれている薬です。 止血や抗炎症作用があるので、扁桃腺などが腫れた時に風邪薬として使われることが多い薬です。

肌細胞に存在しているメラノサイトという細胞でシミが大量に作られる時に、プラスミンはメラノサイトの働きを活性化してしまいます。 トラネキサム酸は抗プラスミンというプラスミンの働きを抑える効果があるので、メラノサイトの働きを穏やかにしてシミ・そばかすを作られにくくする働きがあります。

 

つまり、シミ・そばかすなどの肌トラブルには、シナール(肌の状態を良くしてシミを薄くしてくれる)と、トラネキサム酸(シミが作られにくくする)の両方を合わせて飲むことで効果が高くなるといわれています。 肌が生まれ変わるサイクルを考えると、三か月以上は毎日薬剤を内服することが重要になります。

 

外用薬

お肌に直接塗るタイプの外用薬が使われることもあります。 主な成分はハイドロキノンとトレチノインです。

 

◼︎ハイドロキノン
紫外線を浴びたお肌は、メラノサイトが活性化して、チロシナーゼという物質が作られます。 チロシナーゼはチロシンと呼ばれるアミノ酸と反応してメラニンを作り出し、このメラニンが生成・沈着することでシミ・そばかすの原因となります。 ハイドロキノンは、チロシナーゼの働きを邪魔することでメラニンの生成を阻害します。

 

◼︎トレチノイン
お肌の表面にある表皮細胞を活性化させて新陳代謝を促し、メラニンが沈着してできたシミの排出を促進します。 コラーゲンの生成を促す作用もあるため、お肌が潤い・弾力や張りを保つようになります。

 

ここでご紹介した薬剤は一例です。 薬剤なので各副作用も存在しており、使用には専門家の指導が必要です。 自己判断で使用を中止・再開するなどは止めましょう。

 

医療用機器を使用した治療

内服薬や外用薬では対処できないような頑固なシミ・そばかすに対して、 レーザー治療などの機械を使った治療がおこなわれます

 

 

そばかすに効果的!フォトセラピーってなに?

そばかすに効果的!フォトセラピーってなに?

ミセルグループでおこなわれている「フォトセラピー」は、機械をつかって高密度の光をお肌に当ててメラニン色素を熱で変性させることで、お肌のターンオーバーを早めてメラニンの排出を促進していく治療方法です。

 

どんな施術の流れ?

医療専用機器を使って皮膚のメラニン量を計測し、適切な出力で光エネルギーを照射すると同時に、強力な冷却装置によって、痛みを最小限に抑え安全に高出力照射が可能です。フォトセラピーはシミ・そばかす・くすみなどのお肌の悩みに総合的にアプローチすることができます。 施術時間も30分と短く、施術後のダウンタイムがないためすぐにお化粧することが可能です。お買い物や用事のついでにできるので、通いやすいですね。

 

併用すると効果的!イオン導入

また、ミセルグループではフォトセラピーの後にイオン導入と呼ばれる、有効成分のビタミンC・トラネキサム酸をお肌に浸透させる治療も含まれています。フォトセラピーとイオン導入を併用することで、より効果を実感することができます。

 

 

医療機関のミセルグループでは、医師・看護師などの専門家によるカウンセリング・施術をおこなっています。 ぜひお気軽に無料カウンセリングでご相談ください。

 

今なら、当グループでシミ治療はじめての方対象にキャンペーン実施中です!

レーザートーニング(イオン導入付)、フォトセラピー(イオン導入付)各通常¥16,800のところ ¥12,800

●レーザートーニング(イオン導入付)

●フォトセラピー(イオン導入付)

それぞれ通常 ¥16,800のところ → ¥12,800

ご予約・カウンセリングはこちらから!

ページの先頭へ戻る